BEAMOの声

デジタルツイン - デジタル企業の新しい魂。

デジタル世界とのジェスチャーベースでのやり取りは、可能性の問題ではなく、時間の問題だと思っています。現在はまだ完全ではないにせよ、今日のデジタルツインの開発スピードを考えると、こうしたやり取りが実現する日は近いと信じています。


昔、映画『マイノリティ・リポート』で、犯罪予防局の主任であるアンダートン(トム・クルーズ)が透明なモニターを眺め、画像を調査し、ハンドジェスチャーで操作しているシーンを見たのを鮮明に覚えています。その時は、そのジェスチャーベースのインターフェイスについて、ありえないとは思いませんでしたが、実現できるはずはないとも思っていました(ファクトチェック:『マイノリティ・リポート』は 1956 年に書かれた SF 小説で、2002 年に映画化されました。ちなみに最初の iPod Touch がリリースされたのは 2007 年で、最初の iPad のリリースは 2011 年でした)。ところが『マイノリティ・リポート』が公開された 8 年後の 2010 年に、2 人の大学院生がジェスチャーベースのインターフェイスを開発しているという記事が MIT News に載りました。2021 年の今、実現が近づいているのでしょうか?そうなのでしょうか?私には分かりません。


Minority report
『マイノリティ・レポート』。監督:スティーブン・スピルバーグ。主演:トム・クルーズ。20th Century Fox、DreamWorks Pictures、 Amblin Entertainment、Blue Tulip Productions。2002 年公開。

それでも私は、デジタル世界とのジェスチャーベースでのやり取りは、可能性の問題ではなく、時間の問題だと思っています。現在はまだ完全ではないにせよ、今日のデジタルツインの開発スピードを考えると、こうしたやり取りが実現する日は近いと信じています。ただし、それはおそらくジェスチャーによるものではなく、没入型体験によるものとなるはずです。 

複数の施設を持つ企業は、その施設の数に関わらず、ジェスチャーベースのインターフェイスではなくても、何らかのデジタル化を切望しているはずです。なぜでしょうか?今日のワークフローはあまりにも多くのプラットフォームに分散しており、ほとんどのプラットフォームが統合されていないからです。統合されたダッシュボードやプラットフォームで情報が利用できるようになっていても、コンテキスト(関連情報)が不足しているため、情報を完全に把握することが困難になっています。詳しく見ていきましょう。

マシンのパフォーマンス、稼働状態、可用性を例にとりましょう。御社の製造ラインには、マシンが適切に機能するうえで重要な圧力、振動、温度などの指標を測定する IoT センサーが設置されているかもしれません。しかし、1 つのダッシュボードに複数のマシンのステータスが表示されている場合、どのマシンが自分のラインにあるかを正確に知るのは難しいものです。マシン 3 というのは、右側から 3 番目のマシンなのか、それとも 3 番目に設置したマシンなのか?また、センサーがメンテナンスや修理が必要であることを示していても、そのマシンの周囲の状況が分からなければ、どうやって作業に最適な準備をすればよいのでしょうか? 

他の例を見てみましょう。多くの企業が、運用、手順、および安全に関するトレーニングのための学習ツールとして、トレーニングビデオを使用して大きな効果を挙げています。遠隔地の教室でそのようなビデオを視聴するのは非常に効果的です。しかし、実際の作業場というコンテキストでビデオを視聴すれば、より効果的ではないでしょうか? 

私は、示される情報とその情報のコンテキストとの間のミッシングリンクは、デジタルツインだと信じています。

一緒に見ていきましょう。

私が独立した製造会社に勤めているマシンオペレータであると想像してみてください。会社がデジタルツインを導入し、モバイルデバイスからアクセスできるようにしました。私が製造ラインに入ると、私のデバイスにポップアップ通知が表示され、マシンの操作前に実施する必要がある最新の安全性チェック項目を知ることができます。安全性チェックの実施方法を忘れてしまっても、ポップアップ内に最新のビデオが表示されるので、実施方法がすぐさまわかります。また、マシンの操作マニュアル、ポップアップチャートに表示される稼働状態とパフォーマンスの指標、メンテナンス履歴なども利用できます。さらには、メーカーの技術者にマシンの定期メンテナンスを行ってもらう際のスケジュールを立てることもできますし、マシンの部品を注文する必要がある場合、すべての情報が事前に入力されているので、その場ですぐに行うこともできます。メーカーに相談する必要がある場合はどうでしょうか?彼らに私とデジタルツインを見せて、遠隔で支援してもらうことができます。

これが不可能だと思いますか?私はそうは思いません。お客様やパートナーとの会話から、上記のようなシナリオこそが望ましいものであり、重要な到達点であり、多くのお客様やパートナーが現在追求しているものであると私は確信しています。実際、まさに上の例のようなことが実現できるデジタルツインの導入まであと一歩というお客様やパートナーもいます。

ジェスチャーベースのインターフェイスがなくても、デジタルツインは、没入型体験を生み出す機会を提供するでしょう。適切なデジタルツインソリューション、特に複数の情報の層にまたがり、企業の業務ワークフローやビジネスワークフローと統合されたデジタルツインソリューションは、真の意味での臨場感の実現に私たちを近づけてくれることでしょう。まだ完全ではありませんが、デジタルツインがデジタル企業の新たな核となるのはもうすぐです。あなたもこの流れに乗りませんか?

Similar posts

もっと詳しく

私たちは、テクノロジーとデジタルツインに大きな情熱を持っています。デジタルツインソリューションや、重要なアセットや設備の管理に役立つ方法についての新しいコンテンツが公開された際に通知を受け取ることができます。