現場調査

簡単にできる360度現場調査

現場調査プロセスを自動化して結果を数分で取得。Beamoは、専門知識を必要とせず、あらゆるスペースを360度キャプチャすることができます。

Capture sites in their full 360degree glory copy

現場サーベイの煩雑さを排除

Beamoは、最先端のソフトウェアとハードウェアのソリューションを用いて、効率化された体験を提供します。

30 %
現場サーベイの時間短縮

従来の方法に比べて迅速に現場サーベイを行うことができ、360度の画像キャプチャにより詳細な情報を提供します。

40 %
現場での移動を削減

施設の全体像を把握することで、長時間の移動を避けることができます。また、見逃した詳細や他の部署のニーズに合わせて、後戻りすることもありません。

70 %
現地の検査チームの縮小

大規模な検査チームを遠隔地に派遣する代わりに、1人の現場サーベイヤーを派遣したり、現場で利用可能なリソースを利用したりすることができます。

BEAMOアプリ

現場を360度ぐるりと見渡せます。

部門を超えたチームを動員して世界中を駆け回る代わりに、Beamoで現場にいる誰もが簡単にスマートフォンと360 カメラを使ってキャプチャしましょう。

Inspection-site-survey-banner- digital-twin-Beamo web

検査のワークフローを効率化します。

部門を超えたチームを動員して世界中を駆け回る代わりに、Beamoで現場にいる誰もが簡単にスマートフォンと360 カメラを使ってキャプチャしましょう。

アクセスしにくい場所をキャプチャ。

Beamoでは、危険な環境やアクセスしにくい環境(はしご、屋上、ケーブル、低い天井、狭い通路、床材など)もキャプチャすることができます。

迅速かつ容易にスケールアップできるように設計されています。

キャプチャするスペースの大きさや種類に制限はありません。スペースやホストとなる場所をカスタマイズすることができます。

HubSpot Video

left-quote
Beamoでは、現実世界を仮想空間に簡単にマッピングすることができます。

"写真を撮ることで報告書を作成する時間が短縮されるだけでなく、より臨場感を持って伝えれるようになりました。

3Dビューに施設全体の情報が表示されるため、撮り忘れや必要な追加情報を再撮影するために施設に出向く必要がありません。"

NTTコミュニケーションズ イノベーションセンター プロデュース部門 担当課長 田口陽一様

歩きながら

三脚やヘルメットにマウントしたり手で持つなど、最も直感的でモジュラーなキャプチャ方法です。

どのような種類のスペースでも可能です。

4脚ロボットに乗せて

ロボットドッグの背中に乗って、遠隔操作で検査することができます。

難路に最適です。

車輪に乗せて

Beamoの車体モジュールなら、一瞬で広大な屋外空間をカバーできます。

屋外スペースに最適です。

360度ぐるっと見渡してみませんか?

活用例

どこでも、どんな方法でもサーベイできます。

どこでも、どんな方法でもサーベイできます。

土地のサーベイ

敷地の境界線や建物の位置、道路などを正確に調査します。

建設現場の検査

すべての請負業者の活動と工事の進捗状況を検査し、記録します。

設備点検

設備や機械が安全に使用でき、すべてのシステムが適切に動作していることを確認します。

施設点検

法定基準に基づいて建物を分析し、現場の記録を簡単に更新します。

火災安全検査

リスクや火災の危険性を早期に発見し、作業中の事故を防止します。

遠隔検査

現場に行かなくても、プロジェクトが計画通りに進んでいるか、作業の進捗状況を確認します。

BEAMOポータル

現場調査の準備を事前に行い、
現場での作業時間を短縮します

Beamoでは、現場訪問の準備を事前に行うことができるので、
チームの効率と生産性が向上します。

アクセスプロトコルや最適な経路を確認します。

従業員が現場全体、フロア、特定の部屋にアクセスする方法を定義し、シェアしたい情報だけを提供します。

没入感のあるリアルタイムのコラボレーション。

デジタルツインでチームメンバーに会って、実世界で会っているのと同じようにコラボレーションできます。

事故を未然に防ぎます。

Beamoは、作業現場の危険な場所を強調表示し、人を危険から守ることで、労働災害のリスクを軽減します。

360度ぐるっと見渡してみませんか?