某大手航空会社のケーススタディ

某大手航空会社がトレーニングを
デジタル化した方法

 

課題

大きな課題のひとつが、無数の航空機を運航する客室乗務員の教育およびトレーニングです。客室乗務員がトレーニングを終えても、航空機の構造や機器が異なるため、客室内に適切な航空機運行マニュアルを用意しても、客室乗務員がそれらに対応するのは非常に困難です。

そのため、航空機に慣れていない客室乗務員が機器の操作に苦戦し、サービスに影響を与えることがあります。

 

ソリューション

航空会社は、教育とレポート作成の課題を解決するソリューションとしてBeamoを検討するために、3iに連絡しました。彼らの目標は、Beamoによってトレーニングプロセスをデジタル化し、飛行後のステータスレポートのエラーを最小限に抑えることができるかどうかを検討することでした。

3iは航空会社に乗り込み、Beamoスターターキットを使って航空機の内部を調査し、
デジタルツインを作成することを支援しました。

トレーニング

客室乗務員の教育およびトレーニングの改善

航空機の種類によって、機内の構造や設備など様々な機器のマニュアルが異なるため、航空会社は短いトレーニングビデオや操作マニュアル、手順書などをデジタルツインの中にタグとしてアップロードしました。

手順の更新や機器の変更があった場合は、航空会社のトレーニング部門が最新の資料や動画をアップロードし、客室乗務員に通知します。

このようにして、客室乗務員は常に最新の情報を手にすることができます。

報告

着陸時の報告ミスを最小限に抑える

航空機がハブ空港に着陸する際、客室乗務員はエラー報告を継続的に行います。しかし、書面での報告ではなく、Beamoを使ってデジタル化しています。

客室乗務員は、携帯端末やタブレットを使って、デジタルツインの機体に損傷箇所をタグ付けし、地上職員に報告書を割り振って通知します。また、必要に応じて写真をアップロードし、より詳細な情報を提供しています。

整備担当者は、損傷状況や作業の必要性をより深く理解し、必要に応じて適切な優先順位をつけて作業を行うことができます。

360度ぐるっと見渡してみませんか?